online showroom

all

バランス超大事

スタイル構築にあたって肝要となるアイテムやバランスが個々に必ずあるはず。思い出してみて欲しい。「それ、ぽいね!」と言われている際に身につけているモノを。 

 

僕個人の例を挙げるならば、重要なのはパンツ(ボトム)。丈は短め、くるぶしに掛かるくらいがベストで切っていようがロールアップしていようがどちらでも構わない。パンツの太さ(ワタリと裾幅)も関係してくるが、それよりも大事なのは股下。つまりは長さだ。
また、足元が革靴だとよりスタイルが安定する。パンツはシルエットを形成し、革靴で凛とした雰囲気を保ちつつ気持ちをアゲる。僕にとってこの組み合わせは超大事になっているわけだ。 

 

昔、シビれるくらいかっこいい知人女性が「男性は地面から30cmが大事」的なことを言っていたことを思い出したが、なんか改めてすご〜くわかる。
最近SNSで目にする着こなしのバランス a.k.a. コピー系量産スタイル に流されてました。すっかり自分を見失っていたので、自戒の念も込めて。

前言撤回

「ショールームアカウントの投稿はストーリーズだけ」とか言ったけど、フィードにも投稿します。
即前言撤回。

帰ってきた

長らくほったらかしていたココに帰ってきました。
I’m back.

 

改めてこのインフォメーションには、発信した情報の補足をしていきます。説明が必要だったり、文字が多くなりそうな内容ですね。SNSも定期的に投稿して、特にインスタは下記をコンセプトとします。

 

個人アカウント
= 色を拾う/色をハメる コーディネート

figure inc. アカウント
= Current Mood that day

 

個人アカウント(以下:僕)は、無意識だけどめっちゃ拘っていることをフィードに。figure inc.アカウント(以下:会社) は、まさにその日の気分をストーリーズでのみ投稿。

 

僕の投稿内容はコーデや色合わせが参考になるかもだけど、会社の投稿はシーズンやコレクション、気分も伴うことだから1日で消えてしまうくらいがちょうどいいんじゃないかと思って。
会社やブランドに興味を持ってくれた方やお客さんだけ見てもらえれば良いからストーリーズだけで。フォロワーさんは見返せるようにハイライトに半年間だけ残して、シーズン終了と同時に削除。

 

このインフォメーションまで飛んできてこれを読んでるってことはかなり興味を持ってくれたりチェックしてくれているハズだから、応援よろしくお願いいたします。笑

 

Casely-Hayford / TITUS (2B Single Jacket)

Color:Custom Gun Club , Gray Plaid
Price:¥80,300(Tax in) / Gun Club, ¥75,900(Tax in) / Grey
Composition:WOOL 100%
Material:-
Remark:-

Casely-Hayford / KOSTON (Double Breasted Jacket)

Color:Navy × Black
Price:¥75,900(Tax in)
Composition:WOOL 50% × POLYESTER 50%
Material:-
Remark:アンコンストラクテッド、オーバーサイズ

Casely-Hayford / PUSHA T (Rib Lapel 2B Jacket)

Color:D.Grey
Price:¥83,600(Tax in)
Composition:WOOL 100%
Material:-
Remark:共地の組下

Casely-Hayford / ASTON (Blocking Jacket)

Color:Green, Navy
Price:¥84,700(Tax in) / Green, ¥86,900(Tax in) / Navy
Composition:-
Material:素材切替
Remark:共地の組下

Casely-Hayford / Galton

Color:Black, Russet
Price:¥33,000(Tax in)
Composition:POLYESTER 100%
Material:Fleece
Remark:-

Casely-Hayford / WICHITA (Coach Jacket)

Color:Custom Gun Club
Price:¥79,200(Tax in)
Composition:WOOL 100%
Material:-
Remark:-

Casely-Hayford / DANTÉ (Zip Up Shirt Jacket)

Color:Navy Glen Check
Price:¥64,900(Tax in)
Composition:WOOL 98%
Material:-
Remark:グレンチェック

Casely-Hayford / HARBORD (4 Pocket Shirt Outer)

Color:Navy
Price:¥75,900(Tax in)
Composition:WOOL 100%
Material:ツイル
Remark:共地の組下

Casely-Hayford / RIDLEY (Oversized Polo)

Color:Sand
Price:¥42,900(Tax in)
Composition:WOOL 100%
Material:-
Remark:オーバーサイズ

Casely-Hayford / CROWHURST, HALF MAN HALF BISCUIT

Color:Black × White, Sand × White
Price:¥48,400(Tax in) / Sand / Green, ¥36,300(Tax in) / Black
Composition:WOOL 100% / Sand Green, COTTON 100% / Black
Material:ニット / Sand Green, スウェット / Black
Remark:背面ヘリンボーンシャツ生地、オーバーサイズ

Casely-Hayford / JOSEPH (Tapered Trousers)

Color:Green
Price:¥39,600(Tax in)
Composition: COTTON 100%
Material:Herringbone
Remark:ダブルカフ、共地ジャケット組下

Casely-Hayford / DOWNEY (Wide Pleated Trousers with Elasted Back)

Color:D.Grey
Price:¥48,400(Tax in)
Composition:WOOL 100%
Material:-
Remark:ベルトループ背面にゴム、共地ジャケット組下

Casely-Hayford / SILAS (Wide Pleated Trousers)

Color:Navy
Price:¥48,400(Tax in)
Composition:WOOL 100%
Material:ツイル
Remark:共地ジャケットの組下

S.N.S HERNING / 675-00C STARK Highneck Cardigan

Color:Black Void mix
Price:¥42,900(Tax in)
Composition:VIRGIN WOOL 90% × MERINO WOOL 10%
Material:-
Remark:5G, メタルボタン

S.N.S HERNING / 675-00H STARK Crewneck

Color:White
Price:¥39,600(Tax in)
Composition:VIRGIN WOOL 90% × MERINO WOOL 10%
Material:-
Remark:5G

S.N.S HERNING / 172-J2C ANGLER Shawl Collar Cardigan

Color:Green
Price:¥49,500(Tax in)
Composition:VIRGIN WOOL 70% × MERINO WOOL 30%
Material:ボブル編み
Remark:8G, メタルボタン

S.N.S HERNING / 707-00R INTROVISION Crewneck

Color:Navyblue
Price:¥37,400(Tax in)
Composition:MERINO WOOL 100%
Material:-
Remark:12G, シルキーフィニッシュ

S.N.S HERNING / 586-00H FENDER Mockneck

Color:NavyBlue
Price:¥47,300(Tax in)
Composition:MERINO WOOL 100%
Material:リブ編み
Remark:7G, メリノウール

S.N.S HERNING / 175-00H FISHERMAN Turtleneck

Color:Camel
Price:¥37,400(Tax in)
Composition:MERINO WOOL 100%
Material:ボブル編み
Remark:リラックスフィット, タートルネック, 7G, メリノウール

S.N.S HERNING / 172-J2B ANGLER Boatneck

Color:Yellow
Price:¥37,400(Tax in)
Composition:VIRGIN WOOL 80% × MERINO WOOL 20%
Material:ボブル編み
Remark:8G, ボートネック

S.N.S HERNING / 478-J2C ARK Crewneck Cardigan

Color:Navyblue
Price:¥42,900(Tax in)
Composition:VIRGIN WOOL 85% × MERINO WOOL 15%
Material:-
Remark:5G

S.N.S HERNING / 586-00L FENDER Full Zip Cardigan

Color:Gray
Price:¥58,300(Tax in)
Composition:MERINO WOOL 100%
Material:リブ編み
Remark:7G, メリノウール

S.N.S HERNING / 275-00R NAVAL Ⅱ Crewneck with Buttons

Color:NavyBlue
Price:¥39,600(Tax in)
Composition:MERINO WOOL 100%
Material:リブ編み
Remark:12G, ショルダーメタルボタン

S.N.S HERNING / 237-J2J AURA Hoodie

Color:White × Navy
Price:¥49,500(Tax in)
Composition:MERINO WOOL 100%
Material:リブ編み
Remark:12G

S.N.S HERNING / 237-J2C AURA Crewneck Cardigan

Color:White × Black, Navy × Green
Price:¥42,900(Tax in)
Composition:MERINO WOOL 100%
Material:リブ編み
Remark:12G

S.N.S HERNING / Fender Hat

Color:Yellow
Price:¥9,900(Tax in)
Composition:MERINO WOOL 100%
Material:リブ編み
Remark:5G, メリノウール

S.N.S HERNING / Split Scarf

Color:White, Camel
Price:¥17,600(Tax in)
Composition:MERINO WOOL 100%
Material:リブ編み
Remark:5G, メリノウール

S.N.S HERNING / 175-00L FISHERMAN Full Zip Cardigan

Color:Gray
Price:¥42,900(Tax in)
Composition:VIRGIN WOOL 60% × MERINO WOOL 40%
Material:ボブル編み
Remark:ハイネック, 7G

S.N.S HERNING / 175-00K FISHERMAN Highneck Half Zip

Color:Black
Price:¥40,700(Tax in)
Composition:MERINO WOOL 100%
Material:ボブル編み
Remark:リラックスフィット, ハイネック, 7G, メリノウール

S.N.S HERNING / 175-00R FISHERMAN Crewneck

Color:Navy
Price:¥36,300(Tax in)
Composition:MERINO WOOL 100%
Material:ボブル編み
Remark:リラックスフィット, 7G, メリノウール

ATHA / Loop Tweed Diddy Bop Liner Jacket

Color:Navy, Black
Price:¥68,200 (Tax in)
Composition:POLYESTER 33% × WOOL 31% × ACRYLIC 22% and more
Material:Tweed
Remark:脇にスリット
ライナー風デザインのパイピングジャケット。 ざっくりとラフに織り上げたループツイードは、ふわっとした軽さと奥行きのある絶妙な色味が特徴です。

ATHA / Gather Wide Easy Trousers

Color:Gray Herringbone, Blue Velvet
Price:¥41,800(tax in) / Gray, ¥39,600(tax in) / Blue
Composition:WOOL 43%×POLYESTER 27%×RAYON 14%×NYLON 9% and more (Gray)
POLYESTER 100% (Blue)
Material:-
Remark:Easy Drawstring
ウエスト 110cmオーバー、ワタリ巾 42cmのワイドシルエットイージートラウザーズ。 ウエストをドローコードで締めることにより全体にギャザーが生まれ、立体的な表情が生まれます。
柔らかな風合いと小柄でクラシカルなヘリンボーン柄素材と、品のある光沢感となめらかな肌触りのよさが特徴のベルベット素材で展開。ベルベット素材は共地のジャケットとセットアップで着用可能。

ATHA / Noragi Long Coat

Color:Gray Herringbone
Price:¥71,500(tax in)
Composition:WOOL 43%×POLYESTER 27%×RAYON 14%×NYLON 9% and more (Gray)
POLYESTER 100% (Blue)
Material:-
Remark:Easy Drawstring
初シーズンから定番展開しているNORAGI COATベースのロングコート。柔らかな風合いと小柄でクラシカルなヘリンボーン柄が特徴です。日本古来のワークウエアである『野良着』を平面で直線的で構築したシルエットは長襦袢のような様相。

ATHA / Zip Up Blouson

Color:Black, Fawn(Beige)
Price:¥49,500 (Tax in) / Balck, ¥52,800( Tax in) / Fawn
Composition:WOOL 41% × POLYESTER 32% and more / Black, POLYESTER77% × RAYON23% / Fawn
Material:鹿の子(Black), カルぜ(Fawn)
Remark:ダブルポケット
横方向にやや余裕を持たせたショート丈のジッブアップブルゾン。大きなパッチポケットとボックスシルエットが特徴的です。
軽さとあたたかさに優れ、 皺になりにくい特徴を持った特別な素材アイスランディックウールと、接結させより膨らみを持たせたカルゼ素材を使用。カルゼ素材はシルエットとの相性の良さをより際立たせています。

ATHA / Kaftan Long Sleeve

Color:Black, Beige Plaid
Price:¥34,100(Tax in) / Black, ¥30,800(Tax in) / Beige
Composition:CUPRA 100% / Black,  POLYESTER 65% × COTTON 35% / Beige
Material:サテン(Black), ジャカード(Beige)
Remark:プルオーバー
定番展開しているカフタンシャツ。カフタンシャツとはトルコやアラブなどでみられる民族衣装。スリットのネックライン、ゆったりとしたシルエットなどを活かしながら、より直線的なデザインに仕上げました。
フィブリル仕上げを施すことで、程よい肉感と落ち感をもたせたマットな質感のサテン地と、ジャカードチェックの立体感ある表情が特徴の生地を使用しています。

ATHA / Buttonless Shirt Jacket

Color:Brown
Price:¥44,000(Tax in)
Composition:CUPRA 100%
Material:サテン
Remark:シャツジャケット
あえて釦を排した、スリットポケットのみのミニマムデザインなシャツジャケット。 素朴で温もりを感じる風合いが特徴的な素材を使っています。共地の組下とセットアップで着用可能。

ATHA / Field Jacket

Color:Ocher, Blue Velvet
Price:¥52,800 (Tax in) / Ocher, ¥47,300( Tax in) / Blue
Composition:POLYESTER 48% × RAYON 27% and more / Ocher, POLYESTER 100% / Blue
Material:ベルベット(Blue)
Remark:センターベント
定番展開しているフィールドジャケット。後ろ身頃に深く入れたセンターベントを開閉することで、独特のシルエットが生み出されます。 素朴な風合いとオリエンタルな柄が特徴的なストライプ柄の生地と、品のある光沢感となめらかな肌触りが特徴のベルベット素材を使用しています。ベルベットは共地の組下とセットアップでの着用が可能。

ATHA / Long Shirt

Color:Beige
Price:¥38,500(Tax in)
Composition:COTTON 100%
Material:ポプリン
Remark:スヴィンコットン, 120番双糸
シャツディールを活かしながら、コートのようにも羽織れるロングシャツ。超長繊細綿であるスビンコットンを使用しており、滑らかな肌触りが特徴です。

ATHA / Balmacaan Coat

Color:Navy, Fawn
Price:¥93,500 (Tax in) / Navy, ¥89,100 (Tax in) / Fawn
Composition:-
Material:Karsey, Melton
Remark:身幅70cm越のたっぷりとした分量感のある贅沢なバルカラーコート。大きめにとったアンブレラヨークがきれいなドレープを生み出します。
S110原料を使用した二重織メルトンは、光沢感と手触りの良さが特徴。また接結させることでより膨らみを持たせたカルゼ素材がシルエットとの相性の良さをより際立たせています。

ATHA / Dabo Shirt

Color:Black
Price:¥38,500(Tax in)
Composition:CUPRA 100%
Material:サテン(Black)
Remark:-
ATHAの解釈でアレンジされた所謂『ダボシャツ』。身頃から袖にかけてワンパーツ、肩線もなくすことでよりミニマルな印象に。フィブリル仕上げを施すことで、程よい肉感と落ち感をもたせたマットな質感のサテン地を使用。

ATHA / Box Jacket

Color:Grey
Price:¥57,200(Tax in)
Composition:WOOL 41% × POLYESTER 32% and more
Material:鹿の子
Remark:筒袖、センターベント
細腹や胸ダーツなどを排除したジャケットとブルゾンの中間のような、独特のシルエットを描くノッチドラペルジャケット。
軽さと暖かさに優れ皺になりにくい特徴を持った特別な素材、アイスランディックウールを使用。共地の組下でセットアップで着用可能。

ATHA / No Collar Double Breasted Jacket

Color:Brown Velvet, Brown Herringbone
Price:¥47,300 (Tax in), ¥52,800 (Tax in)
Composition:POLYESTER 100%,  WOOL 43% × POLYESTER 27%
Material:ベルベット(左)、ヘリンボーン(右)
Remark:比翼
比翼のフロント釦や裾の直線的なカットなど、ミニマムで独特のシルエットが特徴のノーカラージャ ケットは、カーディガンのように気軽に羽織れる一着です。
品のある光沢感と滑らかな肌触りのよさが特徴のベルベット素材と、柔らかな風合いと小柄でクラシカルなヘリンボーン柄の素材をそれぞれ使用しています。

ATHA / Straight Trousers, Tapered Trousers

Color:Brown(ST), Gray(TT)
Price:¥35,200(Brown), ¥41,800(Gray)
Composition:CUPRA 100% (Brown), WOOL 41% × POLYESTER 32% and more (Gray)
Material:Stain(Brown), 鹿の子(Gray)
Remark:Easy Drawstring. 
定番展開しているドローコード仕様のすとんとしたストレートシルエットと、テーパードシルエットのイージースラックス。
フィブリル仕上げを施すことで、程よい肉感と落ち感をもたせたマットな質感のサテン地を使用したストレートスラックスと、軽さと暖かさに優れる、皺になりにくい特徴を持った特別な素材アイスランディックウールを使ったテーパードスラックス。

ATHA / Double Melton Oversized Pea Coat

Color:Navy
Price:¥96,800 (Tax in)
Composition:-
Material:Melton
Remark:通常のピーコートを縦横に間延びさせたようなシルエットが特徴。 インパクトのある大ぶりの襟デザインがこれまでのピーコートと一線を画しています。 S110原料を使用した二重織メルトンは光沢感と手触りの良さが特徴です。

ATHA / Maxi Coat

Color:Black, Fawn
Price:¥90,200 (Tax in) / Black, ¥83,600 (Tax in) Fawn
Composition:-
Material:Loop Tweed, Melton
Remark:1stシーズンから定番展開しているコート。身幅70cm越のシルエットはゆったりと体を包み 、平面で直線的なシルエットは男女問わず、身長の高低にも関わらず着用頂けます。
ふわっとした軽さと奥行きのある絶妙な色みが特徴のざっくりとラフに織り上げたループツイードと、今期よりメルトンをより温かみがあり肌触りのよいS110原料のビーバーメルトンへ変更。

nuterm / Wide Trousers

Color:White, Olieve Drab
Price:¥33,000(tax in)
Composition:Cotton 100%
Material:Denim(White), Saten(OD)
Remark:-

nuterm / DF Fleece 3B Jacket

Color:Navy/Black
Price:¥26,400(tax in)
Composition:POLYESTER 100%
Material:-
Remark:Double Face

nuterm / Belted Bal Collar Coat

Color:Beige
Price:¥99,000(tax in)
Composition:Wool 77% × POLYESTER 23%
Material:-
Remark:-

nuterm / 2 Tuck Trousers

Color:Khaki Brown, Black
Price:¥33,000(tax in)
Composition:Wool 100%
Material:-
Remark:-

nuterm / DF Fleece EZ Eddie

Color:Navy/Black
Price:¥26,400(tax in)
Composition:POLYESTER 100%
Material:-
Remark:Double Face

nuterm / AKIRAⅡ

Color:Navy, Hound Tooth
Price:¥33,000(tax in)
Composition:Wool 100% (Navy), Wool 99%(H.Tooth)
Material:-
Remark:Slim Trousers

nuterm / Double Face Fleece MK-3 Jacket

Color:Brown
Price:¥49,500(tax in)
Composition:POLYESTER 60% etc.
Material:-
Remark:-

nuterm / Puffer Shirt Jacket

Color:Beige
Price:¥49,500(tax in)
Composition:COTTON 70% POLYESTER 30%
Material:-
Remark:-

nuterm / Military Hooded Coat

Color:Brown Check
Price:¥104,500(tax in)
Composition:Cotton 100%
Material:-
Remark:-

nuterm / Alan Ⅱ

Color:White, Navy
Price:¥29,700(tax in)
Composition:Cotton 100%
Material:Poplin(White)
Remark:-

nuterm / Army Shirts

Color:White
Price:¥28,600(tax in)
Composition:Cotton 100%
Material:Royal Oxford
Remark:Long Point Collar

nuterm / Italian Collar Shirts

Color:White, Beige Stripe
Price:¥27,500(tax in), ¥27,500(tax in)
Composition:Cotton 100%
Material:Royal Oxford(White)
Remark:-

nuterm / 3B Jacket

Color:Heather Gray, Hound Tooth
Price:¥69,300(tax in)
Composition:Cotton 100%(H.Gray), Wool 99%(H.Tooth)
Material:-
Remark:-

nuterm / The Earl BD Collar Shirt

Color:Red Stripe
Price:¥27,500(tax in)
Composition:Cotton 100%
Material:-
Remark:-

nuterm / Relaxin’ Shirts

Color:Navy Stripe
Price:¥26,400(tax in)
Composition:Cotton 100%
Material:-
Remark:-

nuterm / Military Liner Coat

Color:Olieve Drab
Price:¥60,500(tax in)
Composition:POLYESTER 100%
Material:-
Remark:-

TAITAI / UltraLight Cooler BagⅡ Cordura

・巾着(左)
Color:Black, White
Price:¥8,690(tax in)
Composition:Nylon 100%
Material:-
Remark:REREVERSEコラボ、保冷仕様

 

・サコッシュ(右)
Color:Black, White
Price:¥7,370(tax in)
Composition:Nylon 100%
Material:-
Remark:REREVERSEコラボ、保冷仕様

TAITAI / Macrame Neck Pouch

Color:Black
Price:¥17,600(tax in)
Composition:-
Material:-
Remark:-

TAITAI / Fringe Tote Bag Ultra Suede

Color:Black
Price:¥47,300(tax in)
Composition:POLYESTER 80% × POLYURETHANE 20%
Material:Ultra Suede
Remark:-

TAITAI / Fringe Drawstring Bag S Cordura

Color:Black
Price:¥16,500(tax in)
Composition:Nylon 100%
Material:Cordura Nylon
Remark:吉岡衣料店型

TAITAI / BackPack Ultra Suede

Color:Black
Price:¥57,200(tax in)
Composition:POLYESTER 80% × POLYURETHANE 20%
Material:Ultra Suede
Remark:REREVERSEコラボ

TAITAI / Fringe Tote Bag

 

Color:Black
Price:¥35,200(tax in)
Composition:Nylon 100%
Material:Cordura Nylon
Remark:-

TAITAI / BackPack Cordura

Color:Black
Price:¥30,250(tax in)
Composition:Nylon 100%
Material:Cordura Nylon
Remark:REREVERSEコラボ

TAITAI / Ultra Light Cooler BagⅡ Punching

・巾着(左)
Color:Black
Price:¥9,680(tax in)
Composition:Polyurethane 100%
Material:-
Remark:REREVERSEコラボ、保冷機能

・サコッシュ(右)
Color:Black
Price:¥8,580(tax in)
Composition:Polyurethane 100%
Material:-
Remark:REREVERSEコラボ、保冷機能

足りないパズルの1ピース

MAATEE&SONSから’19AWに登場したジャケット。
これは手にしてから1年間(夏以外)は何かにつけて袖を通していた私物。縦横無尽に入る皺と毛羽立ち、色褪せや色ムラ。オレ的9month  jacketがなかなか良い感じの雰囲気になってきた。

 

秋冬なのに敢えてリネンで生地を織り起毛させ、身体を包み込むように丸く、丸く仕立てられている。ラペルの返り線は決められていないので、ボタンはついているけれど決して留めない、羽織る纏うリラックス。そんなバックハグ系胸きゅんジャケット。

カジュアルだけど、なんだかエレガントという狭間。シーズンにいくつか存在する、オーラを色濃く放つブランドの根幹に触れることができる1ピース。

気になったら時々ブラッシングしたけれど、時にはハンガーに掛けず丸めてソファーに置いとく時も。カバンには突っ込んだし、暑い日は汗もかき急な雨にも降られた。
洗濯は月に一度するかしないか。乾燥機にはまだ入れたことはない。洗濯可能なのか問題は、比較的金額高めの服にはいつでもついて回るけど、自分は「とりあえず洗っとけ」派。最初の1回目はいつも博打だけど、これはフワっとエアリー感が激減したので、洗うのはちょっと我慢した方がよかった。

何故こんなことを書くのかというと、MAATEE&SONSは「買って1年後くらいが、より男っぷりが上がっている服が多いんじゃないか」と考えているから。ブランドとしても大真面目に日常着を作っているので、シーズン毎に新作は出るんですが、それも良いけど手持ちの服をガンガン着込めよ、愛着をどんどん注ぎ込めよと。

そのままでもすごく良いモノで十分なんだけれど、最高!にまで持っていくために欠けている、足りないパズルの1ピースは自分で作って補えよと。そう思うわけ。

 

「古着と遜色ないくらいまで自分自身で育てる」ような感覚とニュアンスを、MAATEE&SONSの服から感じ取っていただきたい。

Kyoto

お預かりさせていただいているブランドさんのお取り引き様訪問という名目で、約1年ぶりの京都。

穏やかさのトップノートの裏にほんの少しだけ潜む慎ましく厳かなラストノートにハッとさせられる、香水で例えるとそんな空気は相変わらずで。
住むかと訊かれたら迷うけれど、他所者からしたらあの空気と環境が身近にあるのはちょっと羨ましい。

で、その京都に出来たちょっと前から話題のあのホテル。ポートランドに初めてオープンしてから10年くらい経ってるんですね。
SNSの功罪なのか何なのか既視感があって、「京都にいるのに東京じゃんココ」って錯覚を覚えた。宿泊してる人達の見た目も含めて東京にいる感覚だった。

 

話題の場所に足を運ぶことが出来たのは凄く良い事だと思いますが、そういうところで改めて目の当たりにするというか感じてしまうことは「いまファッションという言葉が指すモノのは服じゃねーな。」ってこと。ファッションのPRやってる自分がいうのもアレですが。

ここは謎すぎた。周りが最低限しか見えないのと伸びる影が醸し出す”あの世”感。
ローカルの面白さや特色は大事にした方が良いです、絶対。

受注会

インスタでチェックしている方は既にご存知かと思いますが、ATHAが’21SSコレクション受注会を行っています。
22日(火)までは京都attemptさんが会場。興味のある最寄りの方は是非どうぞ。

 

それにかこつけて、行きますKYOTO。
いくつか楽しみにしていることもあるので期待感十分。

結果ハマる

Alvar Aalto ’40s

あれこれ買うより、存在感とパワーがまるで違う一発を。ショールームに贅沢さが増し増し。

服と同じなのか

椅子が2脚しかない不便なショールーム。なので2名以上お客さんがいらっしゃると座れないので困ってた。
それを解消しようと思って、散々探して見つけたお目当てを買いに行ったんですが、手違いによりまさかのSOLD。

 

 

家具屋さんに限らず、価値あるものを扱っているお店ってのは怖い。「実は・・・」なんて言って奥から持ってくる。そう、怖いのは「奥」。奥に行ったらダメ、絶対。
「なんか、アートピースを買う感覚っすね」って後輩が言い出して、「確かにそうかも」と腑に落ちた。いやいや、それっぽいこと言ってんじゃねーよって。その後何故か理不尽に腹が立つ。

 

 

こういうミッドセンチュリー系、特にジャンヌレとかは最近20〜30代が購買しているらしいけど、何かわかる。
自分にも当てはまるし、そういう店も急速に増えている気がして、興味を持つ人も増えている。だからこそセンスの良いモノだけ最低限集めて仕事に活かしたいけれど、なかなか出来ない。多分イメージやスタイルを確立出来てないのと、価値や背景もそこまで理解出来ていないからあれこれ買ってしまうんでしょう。いや、分かっているからこそ買うのか。

 

やっぱ服と同じだわ。

ついに見つけた

そう思って買ったランプシェード3つ。

うーん。何かちょっと難しくしちゃったかな?
ラフィアとかラタン張りの椅子とラグが必要になってきちゃった。

着地点はいつも同じ

ちょっと涼しくなった。秋めいてきたのか。
猛暑を越え、酷暑を超え、鬼暑。語呂悪っ。爆暑ってタグも見かけた。いよいよ人間を殺しにかかってきてると感じてたけれど、ちょっと優しさ見せてくれたのか。
でも次は接近中の台風。コイツはヤバそう。

 

そんななか、「秋に着たい服」のスナップでお声がけいただく。ジャケットはATHA、パンツはnuterm。
フレッシュ!でイケてる!感を出そうとするが、着地点はいつも同じ。普段と変わらないモノを身に着けている事に気付く。

見えてるようで見えていない

弊社とは全く関係ないJutta neumannのJeffというモデルのレザーサンダル。
初めてはきましたけどスリッパみたいな感じというか、軽い。靴ズレを恐れてwith ソックスですが、これはこれでなかなか乙い。
タイダイのカシミヤソックスなんかとあわせたら、なんて想像するとさらに乙い。が、生憎そんな嗜好品は持っていない。

 

ここのサンダル、以前勤めていた会社で普通にしかも社販で買えたハズなのに、全く買う気がしなかったのは何故だ。表面しか見てなかったからきっと良さは全く見えてなかったんだろう。

 

「オンラインショールーム、どうやって見れるんですか?」ってお問い合わせいただいた皆様、興味を持っていただき誠にありがとうございます。
現代にはボーダレスやシームレスなど線引きをしないということに対する呼称や言葉はたくさんありますが、ですがここだけはドン!と壁を作って遮らせていただき、閲覧の可否を明確に区切らせていただきます。関係者さんだけ。

家の中を恥ずかしげもなく真っ裸でウロウロする奥さんを持つ夫婦は、見え過ぎる事に対して旦那が愛想を尽かし(何も感じなくなり)、結果的に離婚に至ってしまいがちなのと同じ原理と言いますか。何故この例えなのかは謎ですが、とにかく何事も見え過ぎは良くないと思ってます。

勝手を言って恐縮ですが、気になるブランドさんやそのラインナップなどは、頑張って色々と探って、そこから深掘りしてみていただけたらな、と。

 

上記のサンダルじゃないですが、見えているけれど見えていない何かを教えてくれる人って、いま大事。お店の方なのか、インスタなのかYouTubeなのか知らんけど。

2020 パラダイムチェンジ

3ヶ月半ぶりの更新です。大変ご無沙汰しております。
そんなこんなで緊急事態宣言も解除され、人間を殺しにかかるような気温がやってきて、お盆も過ぎました。

「コレまでの仕組みは廃れて、間違いなく変化が起こるだろうな」と思っていたのに「全く変わってないじゃん」って人やコト遭遇して、結構げんなりする事も多くあり、困らせるのはこのクソ暑い気温だけにしてくれよ!って感じです。
弊社ももちろんですが、こういうタイミングに変化を起こせない業界や職種と人は、近いうちに容赦無く息絶えるんじゃないか、もしくはスモールビジネスに回帰するのではと本気で思ってます。

どの業界やマーケットも世の中の流れや価値観の変化というのを敏感に感じ取り、プロダクトやツールに盛り込んでいくべきです。ファッションっていうのもその先端に近い場所にいるはずだと思ってます。

弊社としては関係者の皆様に向けて、お預かりしているブランドさんの情報がめちゃくちゃ見られるページ、オンラインショールームってヤツを密かにご用意しております。ここに書いちゃったら密かもクソもないですが。見え過ぎないくらいが適だと思ってますが、限られた皆様にはあえて大公開中です。
顔と名前が一致する連絡先がわかる方々には既にご案内をお届けしてますので、是非ご活用いただけますよう改めてよろしくお願いいたします。

新型コロナウイルス感染拡大防止における臨時休業延長のご案内

新型コロナウイルス感染防止における臨時休業のご案内

時が来た

家に籠もってばっかいると、気が滅入りますね。楽だけど。

 

テレワークで何を着ていいかわからんって耳にするけど、平常出勤時と同じ格好すれば良いと思う。テレワーク用とか、着心地の良いだけの服とかはいらないんじゃないかなぁ。間に合わせは役目を終えれば着なくなるよね、きっと。

 

“おうち時間”という名の抑制が続いた後は、「もう沢山だ!これ以上ゆっくりしてられるか!」と奮い立つ人が続出するんじゃないかと予想しておりまして。リラックスウェアを着まくっていた人たちが次に求めるのは「しっかり」や「緊張感」なのではないでしょうか。

と、なると。そうです、アレです。少し前から宣言していたアレです。

時がきた。いよいよ日の目を見るんじゃないか。
とかってワクワクしちゃうんですが、こういうのは大概外れる。でも今回こそは!って淡い期待を抱く。

 

昔話

こんな状況なので、昔話でも。
知らない人がほとんどだと思いますが実はもう10年近く前に、ミラノでランウェイモデルをやったことがあったんです。上の動画の全身黄色いアフロがそれ。
友人が人を紹介してくれた際にこの件を話題に挙げてくれたのがきっかけで、ふと色々と思い出しました。昨日の事のように鮮明なので、いまさらながらに改めて言いたくなったってワケです。

 

当時はwebがメインでSNSも発達しておらず、主にfacebookかtwitter。確かインスタは始まって間もないくらいのタイミングで、「何か最近そんなのあるよね」くらいの扱い。なので、そのタイミングにミラノで会った日本人には自ら吹いて廻ったんですけど、誰も信じてくれず。
それだけにショーが終わってからメールが結構届いたり、会う人会う人に「すごいね、ホントだったんだね!」なんて言われたりとか。”バズった”ってヤツを、だいぶ早いタイミングで経験してました。

 

僕個人のインスタアカウントで3連投しますので、時間潰しにでも使ってください。5分くらいならきっと気が紛れますよ。
ランウェイを歩くに至った経緯やその時の様子の取材内容はインスタ投稿で、実際に歩いた感じは上の動画で、それぞれ「おうち時間」にお役立てくださいませ。

それにしても”あたまちりちり”って、やっぱ凄い武器だわ。。。

わからん

サイズの合ったトップスとボトム。パンツにはバシッとクリースを入れて。足下は革靴にコットンのホーズを。
クロージングの世界にはいつも憧れます。何故でしょうか。服をちゃんと着るからか、形が定まっているからか、決まりや制約があるからか。はたまた男の美学や所作が現れるからなのでしょうか。
それにどっぷりと浸かることはなくても「最近、何かちゃんとしたモノを少しだけでも取り込みたい」って気分の人は多いでしょう。もっと具体的に言うと”綺麗な服を着る”とか”綺麗な格好をしたい”とか、そんなこと言っている人が周りにいませんか?

 

個人的に、ここにジャケットを羽織ればスタイルは完成。
ジャケットばかりは適度にデカい方がいい。肩パットは入ってて欲しいし、たっぷりした分量じゃないと成立しない気がする。シャツジャケットみたいなヤツは肩がしっかりしてればいいけど、そうじゃなきゃ着ない。シャツかジャケットか、どっち?みたいなのは持ってるけれど、いまはちょっと萎えるなぁ。
それにしてもジャケットやスーツって流行る/着たいって思う人はこの先、増えるんでしょうか。綺麗なカッコ(それが何かは知りませんが)をする人は勝手に増えていくと思ってます。

 

ただ正直なところ、わからん。

3年目のジンクス

気付いたら、独り立ちからとっくに3年目を迎えていました。
そもそも社名は、”figure”という単語が「印象・形作る・輪郭」と言った意味を持っている事と、ネイティブがよく使う「figure out」ってずっと耳に残っていたフレーズが「理解する・見つけ出す」って意味だったことから。「これからの俺の仕事にピッタリだな」と惹かれたというか、気付いて即決。

 

その甲斐もあってか、説明しづらい、理解されづらい、無理難題を考えているなど、大変頭を悩ませることも多いですが、微力ながら皆様の力になれているようです。

付き合って3年目を迎えた男女のカップルは、嫌でも倦怠期に陥り別の道を歩むことになる、場合もある。とは古い考え、というよりもジンクスって言葉が結構古いですが、まぁとにかくそうならないように卒なくこなすだけじゃなくて、新しい何かを与えるための踏み出す勇気だったり、結果を伝えられるような術が欲しい今日この頃。

 

なんてヒゲダンのI LOVE…を聴きながら書いてます。本当にいい歌だと思う。イレギュラーだけは勘弁して欲しいけど。

サプリメント

WACCOWACCOさんの新作”エアバッグエコバッグ”シリーズと過去のアーカイヴ(それぞれ1点モノ)が、PASS THE BATON表参道さんのギャラリースペースで販売中です。バッグだけでなく、名前を聞けばほぼ全員が知っているであろう”あのアメリカンブランド”が、実際に使う為に織った生地も買えます。

 

ある日ブランドに、「なんでそんなの(生地)持ってんの?」って質問をすると、「前に見つけた時に、そこにあるだけ買った。」というアンサーが返ってきました。ツボに入る答えばかりなので、生地に関して色々と尋ねると「探して、集めた。」とかそういう類のアンサーばかり。

お察しの通りなかなかの筋金入り。こんなバッグ(良い意味で)作っているだけあるわ!って感じです。モノ作りに大変なことは必ずついて回りますが、ここんちのエピソードは何かしら笑えます。これもすごく良い意味で。

 

オフィシャルとイリーガルの中間。ブートレグかと言うとそうでもない、スレスレな感じ。けれども哲学があって真面目でひたむきに作ってる。それがWACCOWACCOの良いところで、他にはないブランドである所以だと思ってます。天邪鬼でへそ曲がってる感じもそこにはあって僕は好きなんです。
モノやブランドの良いところがしっかり見えている。だからこそBarbourとはオフィシャルで出来ちゃった、みたいな。

 

PASS THE BATONさんでも他所でも構いません。もしWACCOWACCOのバッグを手にする機会があったら、ちょっと観察しながら色々と想像してみて下さい。これはもしかしたらとか、まさかひょっとしてとか、みたいなコトが湧き起こったり気付いたら、一気に「普通とは違うスペシャルなバッグなんだ」という風に見れるようになると思います。
分かりづらいことに気が付くと視野や世界が一気に広がります。簡単なモノやコトに頼ってしまいがちな今の世の中に、「分かりづらさ」というのはいま絶対的に不足している買い物を楽しむスパイスであり、質を上げる為に必要な栄養素的なモノだと僕は思ってます。

やるならやらねば

あけましておめでとうございます。から早くも2ヶ月経過。遅すぎるこのタイミングでの更新。

増税に苦しみウイルスの驚異に怯えて生きる2020年初頭は、令和どころか江戸時代にタイムスリップしたんじゃないか?なんて言っている人もSNS上で見つけました。

 

SNSと言えば、昨年アップして1番反響があったことはトランクショー 。未だに訊かれます。みんな気にしてくれて、見てくれてるんすね。ありがたいっす。次のネタはありますが、条件や動くタイミング次第ですかね。
個人でコンテンツを作って発信できる世の中なので、置いていかれないように動かないと、どんなに良いモノでもあっという間に取り残されちゃいますね。
先日のKOBEみたいにいつ何が起こるかわからないですから、やんないと。

やっていると言えば、毎月メディアに掲載いただいたページを@figureinc.@yusukehayakawa 両アカウントで紹介しています。画像の載せ方や文章などから少しでも何かが伝われば、と思ってます。

反動

スウェットよりニット、デニムよりトラウザース。スニーカーより革靴、Teeよりシャツ、ブルゾンよりコート。なんですよ、これからは。
これらを補完しつつ、こんな髪型している人でも一般の人に対峙した際に「ワンチャンあるかも。狙えるな。」って気にさせてくれるのが、ジャケット/スーツだと思うんです。ほぼどこにでも行けて(入れて)、それなりに見えて楽チン。デメリットが無い素晴らしい服。
個人的にはクラシックでオーソドックスなモノが好み。画像で着ているものは生地やディティールにデザイン要素が強いけれど。
カジュアル化が進み切ったように見えて、そこから脱却し始めている人たちもいる。能動的な人たちは動いている。そのうち反動が顕著になってくるんじゃないでしょうか。

 

それと連動して、ここ数年これっぽっちも考えたことなかったのに、またフツフツと沸き起こってきた感情がある。

 

とにかく、モテたい。

 

これに限らずきっと何かあるはず。そんなことってありませんか?いろいろと繋がってるんでしょう。

 

しかし反動キテる。あー、モテたいわ。
では皆さま、よいお年を。

先週の2日間

4D Studio Naganoへお越し下さった皆様、誠にありがとうございました。
長野は何度も足を運んだことのある個人的にもラブい街ですが、住んだ事ないので感覚的なところはわからなかったのが正直なところ。でもよかった。楽しかった。
面と向かっては”はじめまして”ですが、僕の事をほぼすべての来場者の方が知ってて下さったので、10数年も同じ事やってりゃいいことあるなと思いました。そりゃこんな髪型してればって話ですが。

肝心のトランクショーは、色々と感じる部分も多くありました。
旦那へのプレゼントを選びに来た強者に2枚買いの猛者、全部着て好みを選んだグルメと一発でキメたハードパンチャー、あえて自分じゃ選ばないモノに決めたチャレンジャー。とにかく、みんな「欲しくなるようなモノ」を探していて、それは”どこどこで買える”ような簡単なモノじゃないケースが多く、むしろ自分にはこれだ!的な渇望を満たすものを求めるというテンションが強い気がします。そんなマーケットに潮目の変化をひしひしと感じている最中のトランクショーは、僕自身のこれからに対して良いヒントも貰えました。

実は次のネタ、もうあるんです。けれども、そんなネタをもっといくつも見つけて、自分に関わってくれている方々とシェアして何かしらの形を成す。そして今回以上に面白い”試み”にできるかどうか。

近いうちに号令をかけられたらな、って思ってます。

明日から

Vintage Coat Trunkshow at 4D studio Nagano、いよいよ14日からです。週末、お店はなんと朝10時からオープンしているとのこと。
美味しいコーヒー飲みながらヴィンテージコートをご覧いただけるなんてのは、4D studioさんぐらいだと思います。
ちなみに小ぶりなサイズのコートがちょっとだけ出たので用意しています。価格も当初予定よりグッと抑えられました。

僕は11時過ぎくらいに到着予定で、その後は流れで店頭に出る感じ。まずは楽しんでいただければと。
あたまをちりちりさせてお待ちしております。

Vintage Coat Trunkshow in 4D studio Nagano

ご縁あって、長野市4D studioで開催させていただく運びとなりました。
販売がメインですが、古いコートを仕入れたいという店舗のオーナーさんやバイヤーさんのご相談も前回同様に承ります。

今回はコンディションが良いムートンもちょっとだけ用意出来そうです。でもやはりネックなのはサイズで、50 / Lが基本になりそうなのでご了承ください。
ただ品質と色柄にデザインは、現代の服には見られない古いモノばかりですので、サイズも含めた”悩む時間”までも一緒に楽しんでいただけたらと思っています。
そのために今回も、ローデン・バルマカーン・サルトリア・ムートン合わせて40〜50枚くらい持っていきます。もちろんええヤツもありますよ。全体的に価格は3万円から7万円くらいのレンジになりそうなので参考までに。

昨今の既製品と比べて劣るところはあるけれど、用意するヴィンテージコートには、それをまるで感じさせない迫力がある。煌びやかとか贅では無い凄み。30年以上と言う時間が生んだ成熟がそうさせたんでしょう。それを纏うのは余裕というより、それこそ洒落っ気と呼ぶべきなんじゃないでしょうか。

 

開催日時:12月14日(土) ~12月15日(日)
営業時間:12:00 〜20:00
住所:長野市北石堂町1440 (4D studio Nagano)
お支払い方法:現金・カード(カードご利用はご一括のみ。ご利用いただけない場合もございますのでご了承下さい。)
問合せ: contactからメールをください

本日からです。

いよいよ本日14:00から、Vintage Coat Trunkshowを開催します。
営業時間は平日14:00 – 21:00と、週末12:00 -20:00。時間帯が若干ぶれますので、ご来場の際はくれぐれもご注意下さい。

「え、、何ぞれすごいな、どうしよう」って一連の言葉が、口から淡々と出ちゃうようなモノもピックアップしてまして。

Yves Saint Laurentのローデンコートなんて見たこと無いでしょう。しかもすごく良いコンディション。
細かいことは置いておいても、いや、これは期待できますよ。
それでは沢山のご来場、心よりお待ちしております。

Osaka / Kyoto

ああ、滞在中に書けばよかったな、と反省しながら書いてます。
仕事で向かったのは、近そうで遠い大阪・京都。実に2年か3年ぶりくらい。

ファッション的には予想的中というか。2泊3日じゃ見えない部分も多いし、決めつけは良くないですが。

超絶強力な案内人のおかげもありましたが、印象的だったのは京都。
よそ者はなかなか行かないよねってところや伝統工芸の一端もちょっとだけ見れたし、色んな人にも会わせてくれた。

そこで会えた人たちは、粛々と動きながら準備して、波を作ろうとしている。乗るんじゃなくて作る。ポイントはそこ。
超新鮮!ってワケじゃ無いけれど、考えていることが同じだったことが認識出来ただけでも収穫だったと思う。

Vintage Coat Trunk Show

だいぶコンディションの良いヴィンテージコートだけで、トランクショーを開催します。
会場は弊社ショールームで、とりあえず50着くらいは用意する予定。売れたら補填出来そうですが、限りはあります。
さらにバイヤーやショップオーナーへ即売も含め卸売りの相談も承ります。
こんなことやろうとする同業者はいないんじゃないかな。これ、ちょっと新しいなって。だからやる。

今の服屋には色が絶対的に足りていない。
だからarnysのような品性と知性を頼りに装いに至るまで提案して、ほんの少しのきっかけだけでも作りたい。
この機会にそこに賛同して服を纏う人は、きっと魅力を増すはず。

ラインナップはローデンコートがメインになるかと思いますが、そもそもローデンをこんなに取り揃えている店ってほぼ皆無。そこ行くか!?って。
概要は下記でどうぞ。もっとライブ感ある情報は、このインスタか、こっちのインスタで。あ、でもこのまだ内容アップしてねーや。

【トランクショー概要】
開催時期:11月21日(木) ~11月26日(火)
会場時間:14:00 〜21:00(平日)、12:00 〜20:00(土・日)
開催場所:figure inc.(東京都渋谷区神宮前2-18-20 鹿鳴館ハイツ#401)
お支払い方法:現金・カード
(カードご利用はご一括のみ。ご利用いただけない場合もございますのでご了承下さい。)

お問い合わせはcontactからどうぞ。

リニューアル

いよいよと言うか、やっとと言うか。とにかくついにホームページが新しくなりました。
ここでしか見られない、語られないを詰め込んでいければと思いますが、みんなに向けて書く訳ではありません。興味ある方だけに向けて、です。

「ちょっと何言ってるかわかんない」とか気にしてられません。
今はもう、そこに配慮しなきゃいけない中途半端がまかり通るような優しい時代ではないんです。

インスタでチェックしている方は既にご存知かと思いますが、ATHAが’21SSコレクション受注会を行っています。
22日(火)までは京都attemptさんが会場。興味のある最寄りの方は是非どうぞ。

 

それにかこつけて、行きますKYOTO。
いくつか楽しみにしていることもあるので期待感十分。